祝い事でもマナー大切|引き出物で大切なのはマナーです|快い贈り物

引き出物で大切なのはマナーです|快い贈り物

ギフトボックス

祝い事でもマナー大切

内祝い

日本には伝統的な行事に基づく国民的な祝い事が数多く残る一方で、地域特有の習俗も依然として根付いています。また、家庭的で行われる祝い事もあって、代表的な習慣として内祝いが挙げられます。出産や結婚、住宅の新築等の家庭内の個人的な行為を親族内で祝う際に、内祝いが行われています。現代の内祝いは、親族から受け取るお祝いへの返礼を指すことが一般的です。しかし、本来の形式は、自らの喜びを他者と分かち合う意味合いで行う習慣でした。そのため、親族だけではなく、近隣住民を招いた宴会の開催も珍しくありませんでした。しかし、時代が下るに従って祝いの公言を敬遠する傾向が強まったため、返礼の形式で内祝いを行う習慣に変化して現在に至ります。

内祝いは、出産や結婚等に際して受け取ったお祝いに対する感謝の気持ちを表現するための行為です。そのため、伝統的な行事のように、格式張った決まり事がありません。つまり、自らの感情を伝えられるならば、どのような形式で返礼を行っても不都合はありません。しかし、基本的に冠婚葬祭の一環ですから、最適減のマナーには注意が必要です。例えば、相手のことを考えていない物品を贈っても迷惑になる可能性があります。具体的には高齢者に若者向けの品物を渡しても、使い道に困る恐れがあります。また、受け取った品物に比べて過剰に高級な内祝いをすれば、返礼目的と祝いと言う印象を与えて失礼に当たります。そのため、贈答品の半分程度が目安と言われています。