引き出物で大切なのはマナーです|快い贈り物

ギフトボックス

祝い事でもマナー大切

内祝い

現在の内祝いは、親族内の祝いに対する感謝の返礼として根付いています。しかし、本来は自主的に喜びを周囲と分かち合うために行われていました。感謝の気持ちが大切ですが、相手の想いを考慮しない返礼は失礼ですから最低限のマナーは必要です。

詳しくはこちら

世界でひとつのギフト

ボールペン

お祝いやお礼を贈る機会は多いです。今はほかの人とかぶらないギフトが主流で、名入れのギフトにするだけでオリジナルで世界にひとつだけの品物にすることができます。普段使うことが多いボールペンはお礼にぴったりです。

詳しくはこちら

プレゼントのマナー

ギフト

結婚式と披露宴の準備は、招待客のことを考えおもてなしをすることが大切ですが、そこで忘れてはならないのが引き出物の存在です。招待客が持ち帰るもので手元に残るので、きちんとマナーとして常識のある引き出物を用意すると喜ばれるでしょう。引き出物は、招待客に当たる会社の上司や同僚、友人、親戚に渡します。親や兄弟に渡すかは任意になりますが、新郎新婦のどちらかの親だけ渡すということがないよう合わせておきましょう。一般的には、披露宴会場の各座席に、すでに用意しておくことが多いですが、遠方の場合などで、後から送付するということも可能です。相場は、1000円のお菓子と3000円のギフトの場合が多いです。ただ、会社の役員など立場を考慮したり、夫婦や家族で一つのギフトを渡す場合は、5000円くらいのギフトを選択すると良いでしょう。引き出物の商品の例として、多いのは、バウムクーヘンなどの菓子と、食器やグラスなどの組み合わせです。万人受けするものを選択するパターンが多いです。また、和婚の場合、菓子の代わりに、鰹節などを選択する人もいます。鰹節は、軽いので持ち帰りに喜ばれるという点でもメリットがあり好まれています。商品に迷ったら、カタログギフトという手段もあります。カタログを引き出物にして、そこからそれぞれ好きな商品を選んでもらえるので喜ばれます。遠方からの招待客からするとカタログギフトの引き出物は助かります。遠方で荷物が多いので、カタログならかさばらないし、帰るまでに選択して注文すれば手ぶらで帰れます。喜ばれない引き出物は、新郎新婦の名前や写真が入った商品です。使いずらいし、万が一離婚になった場合、商品の使い道に困ります。

新生活に使うもの

レディ

住宅を新築するのは縁起のいいはなしです。新築祝いに呼ばれて物を贈るなら、縁起のいいものを贈るように心がけます。上司など目上の人に贈るのであれば時計は避けます。目下の人であれば問題ありません。目下の人の方が贈るアイテムは多いです。

詳しくはこちら